外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が、大企業製造業でプラス4となり、3月の前回調査から12ポイント上昇した。円安の定着や米国経済の回復による輸出持ち直しで、企業の心理が好転した。DIは2四半期連続で改善し、2011年9月調査以来、1年9カ月ぶりにマイナス圏を脱した。短観は3カ月に1度、企業が景気をどう見ているかを調べるもの。

共同通信