外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高校野球の甲子園大会で最多の63勝を誇り、学校側に退任の意向を伝えていた智弁和歌山の高嶋仁監督(69)が26日、続投することを表明した。9月の和歌山国体、来春の選抜大会につながる秋季大会の指揮を執る。体調面に不安があり「(今後)長い期間はできないと思う。今は選抜を目指したい」と説明した。

共同通信