ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

暴力告発で全柔連の体制改革要求

 柔道女子日本代表の園田隆二前監督の暴力行為などを告発した女子15選手の代理人の辻口信良弁護士が4日、大阪市で記者会見した。告発は代表チームの状況への「失望と怒りが原因」とする選手の声明を発表した上で、その意図は1日に辞任した園田前監督の交代だけでなく、全日本柔道連盟(全柔連)の「指導体制の抜本的な見直し」もあることを明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。