外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会の全般的な改革のために設置された第三者機関「ガバナンス(統治)の整備に関する独立委員会」が、暴力団排除対策などで罰則付きの禁止規定を設けた原案を作成したことが25日、複数の関係者の話で分かった。暴力団との交際や違法賭博、これまで週刊誌などで存在が指摘されてきた八百長相撲に対して禁止規定を設け、違反者に懲戒を含めた処分を科す。31日に最終案をまとめ、相撲協会理事会に提案する予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信