ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

暴力・セクハラ、2選手が見聞き

 日本水泳連盟は15日、日本代表の8選手に実施した暴力とセクハラに関する聞き取り調査で、2人が「過去に見たり、聞いたりしたことがある」と回答したと発表した。ただ古い事例で2選手とも正確に記憶しておらず、指導者の特定など詳細な調査は断念した。柔道の暴力問題を受け、日本水連は競泳、水球、シンクロナイズドスイミング、飛び込みの代表主将、リーダー格の各2選手から10、11日に聞き取りを行った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。