外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市立桜宮高バスケットボール部主将の男子生徒=当時(17)=が顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた後に自殺した問題で、生徒の父親は23日、暴行容疑で顧問を大阪府警に刑事告訴した。府警が明らかにした。生徒は昨年12月23日早朝、自宅で自殺。顧問に宛てた手紙には、主将の責任の重さや体罰に悩む記述があった。市教育委員会によると、生徒は母親に、同月18日と22日に顧問から体罰を受けたと話していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信