外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県警は4日、交番で勤務中、近くの交差点にいたバイクの男性を暴走族と誤解し、生卵を投げ付けたとして、三木署の男性巡査(24)を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検し、本部長訓戒の処分にした。県警によると、巡査は、暴走族が走ったような音がしたため外に出たが、走り去っていた。近くの交差点で信号待ちの別のバイク4人グループが空吹かししたため暴走族と誤解。交番前通過の際、男性に生卵1個を命中させた疑い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信