ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

書聖・王羲之の写し発見

 「書聖」と呼ばれる4世紀の中国・東晋時代の書家、王羲之の書の精巧な写しが8日までに見つかった。東京都台東区の東京国立博物館が鑑定した。筆遣いや文面などから、7~8世紀の唐代に宮中で制作されたものの一部とみられる。王羲之の真筆は発見されていないため、その書風の解明に役立つ貴重な資料となりそうだ。王羲之の字姿を伝える精巧な写しの発見は「妹至帖」以来、40年ぶり。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。