外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ハンセン病訴訟の全国原告団協議会長として、政府との交渉の先頭に立った曽我野一美(そがの・かずみ)氏が23日午後4時45分、誤嚥性肺炎のため高松市の病院で死去した。85歳。高知県出身。葬儀・告別式は25日午前10時半から高松市庵治町6034の1、大島青松園で。喪主は妻山本千沙子(やまもと・ちさこ)さん。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信