外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地域別最低賃金で働いた場合の収入が、生活保護の給付水準を下回る「逆転」が起きている11都道府県のうち、北海道を除く10都府県で逆転が解消することが3日、分かった。同日までに関係各地の2013年度の改定額がまとまったためで、10月中旬以降、新たな最低賃金が適用される。最低賃金が時給719円の北海道は22円の引き上げで逆転が解消するが、地方審議会が答申した改定額は15円増の734円。

共同通信