外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙誕生の数億年後に生まれた最初の星々が放った光の名残を捉えることに成功したと、広島大や早稲田大が参加する国際チームが1日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。星や銀河ができた過程を調べる重要な手掛かりとなるという。チームは、米天文衛星フェルミで、数十億光年離れたクエーサーという明るい天体を観測。遠方のクエーサーほど、ガンマ線成分が大きく減っていることを発見。そこから、星々の光の総量を算出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信