外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 平安京にあった貴族の邸宅跡「堀河院」(京都市中京区)で、30年前に出土した平安末期~鎌倉時代初頭(12世紀末から13世紀初頭)の小皿の裏面に、いろは歌のほぼ全文が平仮名で墨書きされていたことが分かり、京都市埋蔵文化財研究所が27日、発表した。平仮名のいろは歌が書かれた出土品としては、斎宮跡(三重県明和町)で出土した土器片が最古だが9文字ほどで、ほぼ全文が残っているものでは今回が最古となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信