外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全日空が世界に先駆けて導入した最新鋭旅客機ボーイング787が26日午後0時45分ごろ、成田発香港行きのチャーター便として初めての営業運航に飛び立った。連絡バスのゲートでは鏡開きなどの式典が開かれ、乗客らに升酒が振る舞われた。バスで搭乗口に向かった乗客は、機体の前で記念撮影し笑顔でタラップを上った。先だって記者会見した丸井祐一機長(54)は「とても光栄。快適なフライトになるよう努力する」と話した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信