外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天台宗開祖・最澄を祭る延暦寺(大津市)の浄土院の拝殿や御廟の造営時期が、伽藍復興期に当たる1662(寛文2)年であることが奈良文化財研究所(奈良市)の調査で25日分かった。造営時期を記した文献や建物内部の調査で明らかになり、歴史的価値が判明したことで20日の重要文化財指定に向けた答申につながった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信