外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】米グーグルの中国撤退原因の一つとなった同社へのサイバー攻撃は、中国最高指導部の共産党政治局常務委レベルが指示した疑いのあることが5日、分かった。ニューヨーク・タイムズ電子版が「ウィキリークス」から入手した外交公電を基に伝えた。今年出された公電は、同委レベルの指示で国務院新聞弁公室が攻撃を調整した可能性があるとの情報筋の話を引用。李長春政治局常務委員らの監督を受けたとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信