外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 覚せい剤取締法違反罪などに問われ、一審の裁判員裁判で全面無罪となった後、二審で逆転有罪とされた元会社役員安西喜久夫被告(61)の上告審判決が13日、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)で言い渡された。二審で事実誤認を理由に一審判決を見直す際は、「論理則、経験則」に照らして不合理な点があることを具体的に示さなければならない、との初判断を示して二審判決を破棄、無罪とした。再逆転での無罪が確定する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信