ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

最高裁、DNA過大評価に警鐘

 最高裁司法研修所は26日、刑事裁判で重要性が増しているDNA鑑定について、過大評価せず慎重な検討が必要だとする研究報告書を公表した。「現場資料とDNA型が一致しても、それだけで被告を犯人とすることはできない」と警鐘を鳴らしている。予備知識が少ない裁判員に鑑定結果の意味を分かりやすく説明できるよう、原則を再確認した。DNA鑑定の評価が誤審につながったケースもあり、自戒を込めた内容ともいえそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。