外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】米韓連合軍は19日、朝鮮半島有事を想定した定例の指揮所演習を韓国内で開始した。30日までの予定で、米軍は海外の部隊を含む約3万人が参加、韓国軍は約5万人を投入する。北朝鮮は例年、同演習について「北朝鮮への侵略戦争の演習だ」などと反発してきたが、今年は直接的な非難を控えている。南北が開城工業団地の再開で原則合意するなど、対話ムードが高まっていることを意識しているもようだ。

共同通信