外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】在任中の殺人罪などで実刑判決を受け服役中のペルーのフジモリ元大統領(74)は18日、前日に緊急入院した首都リマ市内の病院で胃の内視鏡検査を受けた。長女ケイコ・フジモリ氏は記者団に、元大統領は出血を伴う胃炎と診断され投薬治療を受けていると明らかにした。昨年10月、ケイコ氏ら家族は病状悪化を理由に人道的恩赦を申請。ウマラ政権は結論を出しておらず、家族は早期恩赦を求めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信