外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 従軍慰安婦報道の検証記事をめぐり、朝日新聞社の渡辺雅隆社長が26日記者会見し、今後は経営陣が編集の独立を尊重し、原則として記事や論説の内容に介入しないことや、記事を継続的に点検して誤報を速やかに訂正することなどを柱とする対応策を公表した。慰安婦報道については取材班をつくり「多角的な報道を続ける」とした。

共同通信