外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は2日、行政の無駄排除の観点から建設再開に批判が出ている公務員宿舎朝霞住宅(埼玉県朝霞市)の建設を凍結する方向で調整に入った。3日に現地を視察した上で最終判断する。野田首相は9月30日の記者会見で「国会でさまざまな提起や批判をいただいた」と述べ、中止も含め見直しを検討すると表明していた。東日本大震災被災者向けの住宅整備が遅れているだけに、方針変更を余儀なくされた格好だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信