外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日中の習近平中国国家副主席は16日午前、福島瑞穂社民党党首(消費者行政担当相)と都内で会談し、「朝鮮半島問題で緊張緩和の兆しが出てきている。6カ国協議の再開や朝鮮半島の非核化について新しいチャンスを迎えているのではないか」との認識を示した。福島氏は朝鮮半島問題について「日本にとって極めて重要な問題だ。社民党としてしっかり取り組んでいきたい」と応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信