外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高木義明文部科学相は24日の閣議後会見で、北朝鮮の韓国砲撃に関連し、朝鮮学校への高校無償化適用について「重大な決断をしなければならないかもしれない」と述べ、適用を当面見送る可能性を示唆した。高木氏は、朝鮮学校側から無償化適用の申請がまだ出ておらず、審査もしていないとした上で「(砲撃が)与える影響は大きいと思っている。重大な判断が迫られる可能性があると思う」と発言した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信