ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

木寺大使、来月に中国赴任へ

 政府は16日、駐中国大使に内定している木寺昌人内閣官房副長官補を12月下旬に赴任させる方針を固めた。中国政府のアグレマン(同意)を取り付けた。週明けにも大使人事を閣議で正式決定する。政府関係者が明らかにした。発足したばかりの習近平新体制との間で、尖閣諸島問題で冷え込んだ日中関係の立て直しを図る。現大使の丹羽宇一郎氏は11月末に帰国する見通しで、大使不在の間は堀之内秀久駐中国公使が代理を務める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。