外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化で日中関係が冷え込む中、木寺昌人新駐中国大使(60)が25日着任した。中国の習近平指導部は、安倍晋三新政権を「右傾化」と警戒する一方、日中関係改善へ期待感もある。「調整能力の高い実務家」新大使の手腕に注目が集まりそうだ。木寺氏は、尖閣問題で緊張が高まっていることに「不測の事態を避けるべきとの配慮が日中双方に必要だ」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信