外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 連続不審死事件で3人の殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)は13日、さいたま地裁の裁判員裁判の最終意見陳述で「自分の価値観が間違っていたことを気付かされた。うそをついたことを反省している」と語り、2カ月に及ぶ公判が結審した。検察側は12日に死刑を求刑、4月13日に判決が言い渡される。木嶋被告は約4分間にわたり陳述。「生き直したい」と語った後で、3人殺害を重ねて否認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信