ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

未認定患者を水俣病と初認定

 水俣病未認定患者の遺族が認定を求めた2件の訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷は16日、熊本県水俣市の溝口チエさん(77歳で死亡)を水俣病と認め、県の上告を棄却する判決を言い渡した。最高裁の認定は初めて。県の認定を義務付けた二審福岡高裁判決が確定し、溝口さんは県の手続きを経て正式に認定される。大阪府豊中市の女性(水俣市出身)については水俣病と認めなかった二審判決を破棄し、審理を大阪高裁に差し戻した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。