外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は18日、景気対策の柱となる2012年度補正予算を10兆円規模で編成する調整に入った。東日本大震災被災地の復興事業や防災・減災対策などを盛り込み、景気対策と被災地復興を同時に進める考え。財源として確保できるのは5兆円程度。残りは赤字国債増発などで賄う方針。これに関連し、自民党の安倍晋三総裁と公明党の山口那津男代表は同日、本年度補正など大型景気対策取りまとめと復興の加速化で合意した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信