外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道砂川市が市有地を空知太神社に無償提供していることが、憲法の政教分離原則に反するかどうかが争われた訴訟の差し戻し控訴審判決で、札幌高裁(末永進裁判長)は6日、「市側が提案する有償化などは合理的で、違憲状態は解消される」として、違憲とした市側敗訴の一審札幌地裁判決を取り消し、住民側の請求を棄却した。差し戻し審では、有償化を中心とした市側の対応で違憲状態を解消できるかが争点だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信