外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 7月の参院選「1票の格差」をめぐり、弁護士グループ側の選挙無効請求を棄却した6日の札幌高裁判決は、公選法の定数配分規定を「違憲状態」と判断する一方、法改正による「4増4減」など格差是正に向けた国会の取り組みを一定評価して「格差が合理的期間内に是正されなかったとは言えない」と指摘した。

共同通信