外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】日中問題の論客としてマスメディアでも活躍している中国人学者、朱建栄・東洋学園大教授(56)が、中国内で違法な情報収集を行ったスパイ容疑で国家安全省当局の取り調べを受けていることが10日、分かった。複数の中国筋が共同通信に明らかにした。朱教授は7月17日に出身地の中国上海市を訪れた直後から50日以上にわたり消息を絶っている。

共同通信