外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】韓国の朴槿恵大統領は7日の米韓首脳会談で、日本が「正しい歴史認識」を持たなければならないとオバマ大統領に訴えた。その後のワシントン・ポスト紙のインタビューでは「日本は過去の傷口を大きくした」と強調し、日本の姿勢を批判。安倍首相の「侵略」に関する発言や閣僚の靖国参拝をめぐる関係冷え込みが背景にある。朴氏は同紙に、北東アジアでの信頼醸成に向け米政府が積極的役割を果たすよう期待を表明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信