外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は15日、日本の植民地支配からの解放記念日「光復節」を祝うソウルでの式典で演説し、日韓関係について「歴史を直視する中で、未来志向的な関係を新たにつくっていかなければならない」と述べた。一方、与党セヌリ党の羅卿ウォン議員ら超党派の国会議員団は同日、島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸した。菅義偉官房長官は記者会見で「到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信