外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国訪問中の韓国の朴大統領は29日、北京の清華大で中国語を交えながら演説し、北東アジアの国家間に「歴史と安全保障を取り巻く対立と不信」があり、政治分野などの協力が進んでいないと指摘した。日本を名指しはしなかったが、日本と中韓の歴史、領土問題や北朝鮮問題を念頭に置いた発言。核開発を進める北朝鮮に対しては「核保有を認めないとの国際社会の声に耳を傾けなければならない」と核放棄を要求した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信