外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル、釜山共同】保革一騎打ちの構図となった韓国大統領選は27日、有力候補2人が地方で第一声を上げ、投開票日の12月19日へ向け約3週間の選挙戦が本格的にスタート。保守与党セヌリ党の朴槿恵候補は、中部大田で演説し「過去に国政に失敗し反省もない野党には任せられない」と述べ、保守政権の継続を訴えた。革新系の最大野党、民主統合党の文在寅候補は「経済民主化と福祉国家の時代切り開く」と政権交代を訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信