外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 柔道の世界選手権最終日は13日、男女の無差別級を行い、女子は杉本美香が78キロ超級に続いて優勝し、女子の日本勢として初の同一大会での2冠を果たした。男子も20歳の上川大樹が金メダルを獲得した。日本勢は大会を通じて男女計10個の金メダルを獲得し、1999年バーミンガム大会の計8個を抜き過去最多となった。男子は鈴木桂治と立山広喜、女子は田知本愛が銅メダルを獲得した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信