外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国検察が李明博元大統領を「主犯」と位置付けた大統領府への裏金上納事件で、収賄罪に問われた李氏側近の元大統領府総務企画官、金伯駿被告は14日、ソウル中央地裁で開かれた初公判で起訴内容をおおむね認めて謝罪した。李氏の「執事」とも呼ばれた金被告は、真相解明に全面協力すると言明。検察に同日出頭し調べを受けている李氏は苦しい立場に追い込まれた。聯合ニュースが伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信