外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 旧ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団(KSD)をめぐる汚職事件で受託収賄罪に問われ、懲役2年2月の実刑判決が確定し、服役を終えた村上正邦元労相(80)が7月以降、東京地裁へ再審請求することが17日、関係者への取材で分かった。村上元労相は1996年、旧KSDの故古関忠男元理事長(有罪確定後に死去)から「職人大学」設置について有利な代表質問をすることなどを依頼され、報酬5千万円を受領したなどとする判決が確定している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信