外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は6日、東京・両国国技館で行われ、30歳の王者、八重樫東(大橋)が2度目の防衛に成功した。ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの27歳、村田諒太(三迫)はプロ2戦目のノンタイトル8回戦で、8回1分20秒にTKO勝ちした。

共同通信