外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は6日、アフガニスタンに展開する国際治安支援部隊のアレン司令官が治安悪化への懸念から米軍の撤退を来夏でいったん中断し、再開まで1年以上置くよう主張していると報じた。同紙によるとアレン氏は、オバマ政権が09年12月に発表した新戦略による増派分計3万3千人の撤退が来夏完了し、6万8千人レベルに戻った段階で兵力を維持するべきだとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信