外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故の影響で全国の原発が長期間停止している状況を受け、節電を促す電気料金体系をつくったり、再生可能エネルギーや省エネ設備を増やしたりして、来年夏には電力使用制限令の回避を目指すとした政府の「エネルギー需給安定行動計画」案が29日判明した。 需要を抑えるとともに原発以外の供給力を増やし、ピーク時の電力不足を回避するのが狙い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信