外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は25日、北朝鮮が核弾頭を載せた大陸間弾道ミサイル(ICBM)を2018年にも実戦配備できるとの分析を国防情報局(DIA)がまとめたと報じた。来年中に試作から生産体制に移行する可能性があると警告。同紙は、米国への核攻撃能力を従来の予想より早く持つことになると指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信