外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 財務省は30日、2014年度予算で各省庁による概算要求を事実上締め切り、一般会計の要求総額は過去最大の99兆2千億円程度に膨らんだ。歳出の上限を示さないなど要求の基準が緩く、安倍政権の「アベノミクス」が目指す経済再生を旗印に、各省庁が強気の要求をした。公共事業関連など旧来型事業が復活する兆しもある。特別会計の震災復興費用を含めると、要求総額は103兆円程度に膨れ上がる。

共同通信