外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が2012年度の一般会計予算案に計上する税収を11年度当初予算に比べ1兆数千億円多い42兆円台前半とする方針を固めたことが15日、分かった。借金に当たる新規国債の発行額は11年度の44兆2980億円より減らす方針だが、税収より少なく抑えることは断念。3年連続で歳入の柱であるはずの税収が借金を下回る異例の予算となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信