外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は29日、「2012年注目の世界の経営者12人」を発表、うち1人にトヨタ自動車の豊田章男社長を選んだ。同紙は、歴史的円高を背景に同業他社が生産の海外移転を急ぐ中、日本国内での年間生産300万台維持を掲げる豊田社長にとって、12年は「勝負の年になる」と分析。株価低迷を挙げ、今後の経営判断が注目されるとした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信