外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が6日、広島市で開かれるノーベル平和賞受賞者世界サミット(12~14日)出席などのため成田空港に到着した。空港近くのホテルで記者会見し、ノーベル平和賞受賞が決まった民主活動家、劉暁波氏に対する中国政府の対応について「報道を検閲するなど秘密主義的で時代遅れだ」とあらためて批判した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信