外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本気象協会(東京)は9日、来春の花粉の飛散予測の第1弾を発表した。九州から東海のほとんどの地域と北海道は例年(2004~13年の平均値)並みか例年よりやや多く、関東から東北は例年より少なくなる。飛散量が多かった今年に比べると、九州から東北で少なく、特に本州の日本海側と関東甲信では非常に少なくなる見通しだ。北海道は少なかった今年よりは増える。

共同通信