外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三井住友銀行系のSMBCコンサルティングは25日、「2010年ヒット商品番付」を発表した。東の大関には、「スマートフォン(多機能携帯電話)」、西の大関には「食べるラー油」が選ばれた。人気を集め、社会に大きな影響を与えた商品が選ばれる横綱は2年ぶりに「該当なし」となった。同社は「小粒ヒットは多かったが景気低迷で消費者の財布のひもは堅く、大ヒットにつながる勢いにかけた」と分析している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信