外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】サッカーの東アジア・カップ第2日は21日、ソウル・ワールドカップ(W杯)競技場で男女各1試合を行い、男子の日本は中国に対し代表初出場の柿谷(C大阪)と工藤(柏)が得点したが、終盤に2失点して3―3で引き分けた。欧州組らの主力が不在で、国内組の若手中心での編成となった日本は1―1の後半14分に柿谷、同16分に工藤の連続ゴールで2点をリードしたが、守りきれなかった。

共同通信