外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は14日、東京23区と多摩地方で15日昼前から夕方にかけ雪や雨が降り、多摩西部を中心に積雪の恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。多摩西部以外でも、所により雪が積もり、交通機関への影響に注意が必要という。気象庁によると、15日朝に四国沖の前線上に低気圧が発生し、夕方にかけて関東の南海上に進む見通し。首都圏で大雪となった1月14日と同様、関東に雪や雨をもたらしやすい「南岸低気圧」と呼ばれる気圧配置になる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信